事故現場では、当事者も近くを通った目撃者も冷静を失った状態になりがちです。
だからこそ、しっかりとそういったシーンに遭遇した場合に備えてしっかりと注意すべき点を日頃から確認をしていかなければなりません。
ですが、具体的にどういった注意点を心得ておけばいいのでしょうか。

まずは当然ですがけが人の救護と安全な場所への非難が大事となります。
けが人をその場で放置してしまったらもっと状況が悪化するかもしれません。
あなたが事故の当事者であろうと、目撃者であろうとけが人の救護と安全な場所への非難が最優先事項となるのです。

そして、次に大事となってくるのが二次被害をなるべく帽子させることです。
事故を起こした場所は当然ですが他の自動車も高速で走っていきます。
そういった、他の自動車に事故が起こっている事を明確に示せるようにしておく必要があります。

もしも二次被害を起こしてしまうとその場合は保険の補償の対象外ともなることもあるので十分に注意しましょう。
このように、事故に遭遇した場合はまずはけが人の救護と応急措置や二次被害を防ぐという点に注意しておきましょう。
決してあわて蓋めいてしまって、対応が遅れてはいけません。
しっかりと日頃から意識をしておきましょう。