目撃者の確認をする

| 未分類 |

自動車はとても便利なものなのですが、しかし事故などを起こしてしまうと大変なことになるというとても怖い存在でもあるというようなことを覚えておくようにしましょう。
また、事故を起こすといっても自分の不注意だけではありません。ただ停車をしているときでも後ろから不注意な車がぶつかってくるというような可能性もあります。いわゆるもらい事故というやつです。
こうしたものは避けることができないのでいくら注意をしていても意味がないというようなこととなってしまいます。
しかし、こうした事故が起きた時にはまずは、相手との交渉などになります。車の損害具合を見てそれの修理費ですとか、あるいはけががないかというような話などになるわけなのですが、その時には当事者同士だけの話では、トラブルになる可能性もあります。
ですから、事故を起こした時には目撃者がいないかどうか確認をするようにしましょう。そして、もしよかったならばその人に、連絡先を聞いておくなりするのが良いでしょう。
そうしておけばいざトラブルが起きて、話し合いがまとまらない時にはその人から証言を聞き出すということで、トラブルを無事に解決することができるようになるということなのです。