警察への連絡について

| 未分類 |

交通事故にあった場合、警察への連絡は必須です。道路交通法上においては運転者の義務とされています。事故発生時は第一義的には負傷者の救護ですが、その後はできるだけ早く110番通報をおこなわなければいけません。
事故発生時の通報は、もちろん交通事故の捜査や処理が目的ですが、保険会社へ保険金を請求する際に必要な交通事故証明書を発行してもらうためにも欠かせない手続きです。この交通事故証明書がなければ保険金を支払ってもらうことができません。相手のいない単独事故においても、修理代金などを保険金で賄うつもりなら、交通事故証明書が必要になります。
また仮に事故の相手方が通報するのを嫌がった場合でも、きちんと通報して所定の手続きを踏んでおかなければ、後々の示談交渉などで不利益を被る結果となりかねません。さらに通報は運転者の義務とされていますので、もしこれに違反した場合は罰則を科せられる可能性もあります。
なお実際に事故状況の検分がおこなわれる際は、しっかりと自らの主張も伝えておくことが大切です。また当事者自身が事故当時の状況や相手方の情報などを、その場でよく確認しておくことも重要です。事故後の損害賠償交渉をスムーズに進めるためにも、冷静に状況を把握しておくことが大切になります。