交通事故の時は確実に負傷者が出ることが予想されます。
その際には、警察に連絡を入れる前に順番的には応急的な救護を行った後に救急車を派遣してもらう事が必要となるかもしれません。

事故現場では管理混乱をしてしまうのはしょうがありません。
ですが、だからといって順番を手違えてしまってもいいというわけではありません。
事故現場での対応の順番としてはまずは、二次被害の防止のために動かせるなら自動車を道脇に置いたり、後続車や対向車に事故が起こったことをアピールしなければなりません。
そして、その後に怪我をしてしまった人の救護と安全な場所への非難をこころみましょう。

救急車の応援はその後になりますし、警察への連絡もその後となります。
さらに、弁護士への相談や保険会社の相談はその後になってからです。
まずは、事故現場でのけが人などへの対応を優先事項として行っていきましょう。

このように、事故現場では心身が混乱してしまい冷静な対応が出来ないかもしれません。
ですが、まずは冷静さを取り戻して、けが人の対応をすることが大事となります。
また、優先的に二次被害の拡大を防がなければなりません。
警察への連絡はそのすぐ後でも構わないので優先事項を間違わないようにしましょう。