保険会社への連絡をする

| 未分類 |

交通事故に遭遇した場合、警察への連絡や負傷者の救護をまず行う必要がありますが、その後できるだけ早い段階で、保険会社へ事故連絡をおこなわなければいけません。この連絡は加害者であろうと被害者であろうと必須です。
加害者側が連絡するのは、後ほど待ちうけている損害賠償交渉などを考慮すれば当然のことですが、まったく過失が無いと思われる被害者側も担当者へ連絡を入れる必要があります。これは一見過失が無いとされるケースでも、後に過失があったと認定される場合があることと、過失が全くない場合でも、相手方が保険に加入していない可能性があることが考えられるからです。これらのケースでは自分の保険を使用しなければならないことになりかねません。それゆえ事故が起きた場合は、被害者と思われる立場であっても連絡を入れておくことが大切になるのです。
なお事故対応を依頼する際には、現場の証拠保全や相手方の情報の確認などもしておくことが必要です。間違っても自分だけの判断で弁償などの約束をすることは避けなければいけません。交通事故は、過失割合によりその後の賠償交渉が大きく影響されますので、加入する保険の担当者に事故対応を任せるのが基本です。