交通事故の現場ではその保存が大切です。出来る限り事故当時の状況のままにしておくことが理想ですが、そこばかりに気を取られていると、他の重要な点を忘れがちになってしまいますので、気を付けましょう。注意点ですが、とにかく一番にやらなくてはいけないのは負傷者の確認です。危険な状態であれば救急車を呼ぶのが一番先です。そして状況保存も大切ですが、それよりも優先すべきは他の車や歩行者の安全の確保です。二次事故などが起きないようにすることが大切です。
そして勿論警察に連絡しましょう。自分で連絡が出来ないような状況の時は、その場にいる第三者に依頼しましょう。ともかく、迅速に行動しなければならないことが色々ありますので、周りの人の協力を遠慮せずにお願いするべきです。
注意点は色々ありますが、とにかく慌てることなく迅速に行動するということを心掛けましょう。実際に事故を起こしたり、あるいは起こされたりした場合、気が動転してしまってから空回りしがちになりますが、とにかく落ち着いて行動をすることです。そして決して当事者同士での話し合いだけで済ませないことです。必ず警察に連絡をしましょう。その場で大したことが無くても、後から何があるか分かりません。必ず警察に処理してもらうことを忘れてはいけません。