相手の確認をする

| 未分類 |

交通事故を起こしたら、自分が引き起こした場合ももちろんですが、相手による過失が確実な場合は、必ず連絡先や免許証の登録番号を確認しておく必要があります。
大半の場合、事故を起こしたら最寄りの警察署に連絡を入れて事故処理を行ってもらったり、自分が加入している任意の保険会社に連絡を取って所定の手続きを行わなければなりません。
しかし、加害者の中には任意保険に加入していない人がいたり、加入していても保険を使ったら翌年の保険料が上がるから保険を利用したくないと言ったり、事故を起こした段階で警察を交えないで示談に持ち込もうとする場合があります。
警察を交えない場合は当人同士の話し合いになりますので、本当に修理費用を払ってもらえるかどうか、事故を起こされた方は気が気でなりません。
心無い加害者は、逃げ得だと思って催促の電話にも一切出ることがなく、支払いをしてもらえない場合もありますので、事故を起こされた方が逆に弱い立場になってしまいます。
被害者が何度も催促の電話をかける行為も相当なストレスになり、結局支払いしてもらえないことにもなりかねませんので、事故を起こされた場合は特に、連絡先と免許証の登録番号を控えることと警察を交えることは必須です。